スクラムマスターの役に立つ認定資格・研修・トレーニング

昨今、マーケットの激しい変化に対応するための手段として、アジャイル開発やスクラム開発が注目され、導入を考える組織も増えてきています。
しかし、多くの組織が培ってきた従来の文化とのギャップが大きいことなどから、アジャイル開発をスムーズに導入できないケースも多いです。
ここでは、そんなアジャイル開発の導入を助ける役割であるスクラムマスターの資格認定制度や、スクラムマスターに必要な素養を学べる研修・トレーニングについて紹介します。

スクラム開発やアジャイル開発の役に立つ認定資格・研修・トレーニング

スクラムマスターとは

アジャイル開発でよく用いられる方法論の一つに、スクラム開発があります。スクラム開発には大きく3つの役割があり、そのうちのひとつがスクラムマスターです。
スクラムマスターの主な役割は、スクラムの促進、自律的な行動、思考のためのファシリテート、コーチングです。その対象は開発メンバーに留まらず、部門や組織全体に及びます。アジャイル開発では、この自律的な行動、思考といったマインドセットを持つことが非常に重要になってきます。
その考え方を推進し、導いていく役割であるスクラムマスターの存在は、組織へのアジャイル開発導入に高い効果が期待できます。


スクラムマスターの認定資格

スクラムマスターの認定資格にはいくつかありますが、代表的なものとして、Scrum Alliance®(スクラムアライアンス) が認定している認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster:CSM®)があります。
認定スクラムマスターは、国際的に認められた認定資格です。認定を受けるとScrum Alliance®のWebサイトにメンバー登録され、世界的なスクラムのイベントに関する案内を受けたり、スクラムを実践していくうえで有益な情報を得ることができます。
認定を受けるには、Scrum Alliance®の認定研修・トレーニングである認定スクラムマスター(CSM®)研修・トレーニングでトレーニングを受ける必要があり、研修・トレーニング後に受験するテストに合格することで認定を受けることができます。


スクラムマスターの認定を受けるには

認定スクラムマスター(CSM®)研修・トレーニングではただ研修・トレーニングを受けるだけではなく、その研修・トレーニング中にスクラムマスターとしての適性を判断されます。研修・トレーニングを受けたからといって、必ずテストが受けられるわけではないのです。
研修・トレーニングを通じて適性ありと判断された場合のみ後のテストを受ける資格が与えられ、そのテストに合格することで晴れてスクラムマスター(CSM®)として認定されます。
一見するととても受講のハードルが高いように思えますが、合否にかかわらず、アジャイル開発に必要なマインドセットの習得に効果的な研修・トレーニング内容になっています。与えられたさまざまな課題の解決を繰り返していくなかで、自らの考え方の傾向に気づいたり、物事の本質を捉える力が鍛えられます。


その他のスクラムに関する研修・トレーニング

Scrum Alliance®が認定している資格を取得するための研修・トレーニングには、認定スクラムマスターの他にも以下のような認定資格があります。

  • 認定プロダクトオーナー(Certified Scrum Product Owner:CSPO®)
  • 認定スクラムデベロッパー(Certified Scrum Developer:CSD®)

それぞれ、スクラムの役割に対応した認定資格で、スクラムマスター研修と同じく認定のための研修・トレーニングが存在します。
スクラムマスター研修と合わせて各種研修・トレーニングを受けることで、アジャイル・スクラムの理解をさらに深めることができます。


アジャイル開発の導入には、アジャイル開発に関する正しい理解と実現のためのマインドセットが必要です。
認定スクラムマスター研修・トレーニングを受けることで、アジャイル開発に役立つマインドセットを鍛えて、組織をアジャイル開発へと導いてみませんか?


Odd-e Japanでは、認定スクラムマスター(CSM®)研修・トレーニングを開催しております

認定スクラムマスター(CSM®)研修・トレーニングとは

概要
Scrum Alliance®認定スクラムトレーナー(CST®)による「 スクラム をプロダクト開発の仮説検証のフレームワークとして活用する」ための研修・トレーニングです。
本研修・トレーニング中に能力を評価された方は、認定スクラムトレーナー(CST®)によってScrum Alliance®に登録されます。残念ながら、本研修・トレーニングは、お金で資格を取得(購入)するものではありません。
学べること
多くの実践的な演習、応用問題、シミュレーションなどの様々な スクラム の疑似体験により、 スクラム の基礎〜応用の理論から実践までを幅広く学び、深く理解することができます。
詳しくはこちら
Odd-e Japan 研修・トレーニング申込み
Odd-e JapanのCertified ScrumMaster® (CSM®)研修・トレーニング
Certified ScrumMaster® (CSM®) - Scrum Alliance®
研修・トレーニング内容の構成
1日目〜2日目
スクラム の概念、背景、各役割、経験に基づくプロセス制御、 スクラム と他の新製品開発手法との違いについて学びます。
2日目〜3日目
実践的なケーススタディ。現場で スクラム を行う上で必要となる具体的な知識と理解を深めます。
研修・トレーニングスタイル
本研修・トレーニングではケーススタディと議論の研修・トレーニングスタイルで行います。
* 研修・トレーニング内容の構成はスクラムマスター中心となりますが、チームメンバー、プロダクトオーナー、プロダクト開発の利害関係者等、様々な立場の方にも十分有益なものとなっています。