Odd-e Japan

海外の最新事情をお届け Global Scrum Gathering Minneapolis 2018 Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 参加レポート

2017.12.06 - EVENT スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業、立場の異なる様々な人々が集まる学びの場「Regional Scrum Gathering Tokyo 2018」に、Odd-e Japan 榎本、知花、浅田が、Odd-e Singaporeより Terry Yin、Ivan Zimine が登壇いたします

Regional Scrum Gathering Tokyo 2018 Regional Scrum Gathering Tokyo 2018

2018年1月11日(木)〜2018年1月13日(土)開催
Regional Scrum Gathering Tokyo 2018

スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業、立場の異なる様々な人々が集まる学びの場「Regional Scrum Gathering Tokyo 2018」に、
Odd-e Japan 榎本、知花、浅田が、Odd-e Singaporeより Terry Yin、Ivan Zimine が登壇いたします

イベント名 Regional Scrum Gathering Tokyo 2018
登壇予定セッション

1月11日(木)15:15〜 6 Years Of Teaching Certified Scrum Developers: Re-spec, Re-design & Re-entry Every time we did our 5 day Certified Scrum Developer class, it's a rich learning experience for both us and the clients. After doing it for 6 years and also practicing what we teach, I've summarised the topics into three rhythmic steps, which I "dance" over not only during my CSD classes but also in other technical coaching situations, again and again. I call these steps Re-spec, Re-design and Re-entry.

Terry Yin
Terry Yin Odd-e Singapore Agile Coach / Programmer

Terry Yin is an Agile Coach of Odd-e Singapore team. He has more than 15 years experience in the software industry. He’s also a software programmer for over 20 years. Served in Nokia for 10 years, experienced in telecom, Internet, distributed system, embedded system and leading teams. He has rich training and consulting experience on Agile software development and software engineering, e.g Scrum, Test-Driven Development, system engineering practices and analysis practices. He’s also an active contributor to the Agile community and open source community.

1月13日(土)10:00〜 あなたのLeSS(大規模スクラム)を作ろうゲーム(build your own LeSS game) LeSS(大規模スクラム) はスクラムの大規模版です。
LeSSはスクラムの改良版ではなく、今まで通りのスクラムです。経験的プロセス制御により検証と適応を行いながら様々な方法や仕事、そしてどのような規模にも対応可能です。そして、スクラムと同じ目的や価値を持っているフレームワークとなります。 このワークショップでは、自己組織化した学習する組織が幾つかのイテレーションで能動的な活動とふりかえりを通じて通常のスクラムからLeSSになる体験をしていただきます。 このセッションは複数のファシリテーターによってサポートされるワークショップとなりますが、英語のみのファシリテーターもおります事はあらかじめ、ご了承ください。

榎本 明仁
榎本 明仁 Odd-e Japan Agile Coach

通信系企業でのシステム開発や運用を行った後、数名で始まった人材系のシステム開発を行うスタートアップで自社製品の開発及び受託開発を行う。 会社のスケールと共に開発部門の責任者として開発部門全体をマネージする事になり、 スクラム を知る。 2008年に認定 スクラムマスター 研修を受講し、本格的に スクラム 導入を開始する。
より良い開発、組織作りを広く支援していきたいという思いから2012年Odd-eに参画。 現在は スクラム の導入をしたいと考えているお客様、より良い開発や組織を作っていきたいと考えているお客様先に アジャイル コーチとしてお伺いし、支援を行ったり、研修を実施している。

Terry Yin
Terry Yin Odd-e Singapore Agile Coach / Programmer

Terry Yin is an Agile Coach of Odd-e Singapore team. He has more than 15 years experience in the software industry. He’s also a software programmer for over 20 years. Served in Nokia for 10 years, experienced in telecom, Internet, distributed system, embedded system and leading teams. He has rich training and consulting experience on Agile software development and software engineering, e.g Scrum, Test-Driven Development, system engineering practices and analysis practices. He’s also an active contributor to the Agile community and open source community.

Ivan Zimine
Ivan Zimine Odd-e Singapore Fellow human

Ivan Zimine earned PhD in Physics in 2003 from the University of Geneva, Switzerland. During his studies he became interested in the brain and neuroscience and ended up working in the field of functional and quantitative brain imaging for over 13 years. He left academia in 2010 after realizing that he will always struggle with writing papers, and traditional academic modus operandi. Since then, he has been working as a programmer and technical consultant. He lives in Singapore where he participates actively in the python user group, barcamp and hackerspace communities.

1月12日(金)15:15〜 モヤモヤ女子大生がプロダクトオーナーになったら! NPO法人「ハナラボ」とOdd-e Japanとのコラボレーションによるサービス開発プロジェクトは、 女子大生が企画した「女子のためのキャリア支援サービス」をOdd-e が開発する、というもの。 8月の募集開始後すぐに定員となってしまうほどの大人気ぶりでした。 選考の末、集められた女子大生5名は、学校には真面目に通っているけど、就活でアピールできるほど自信をもって語れる経験もなく、卒業後、何がしたいかモヤモヤ悩んでいるメンバーばかり。 もちろん誰もサービスの企画などしたこありません。 そんな彼女たちが、プロダクトオーナーとなって開発チームを牽引し3ヶ月、サービスのプロトタイプまで作るほどまでに成長しました。 この一連の体験から、プロダクトオーナー視点、スクラムマスター視点でお話をさせていただきながら、参加者の皆さんと一緒に考える30分にしたいと思います。

知花 里香
知花 里香 Odd-e Japan Agile Coach

大学卒業後、株式会社 時事通信社にて営業職として勤務。 2011年、株式会社ディー・エヌ・エーへ入社。 スクラムマスター として国内/外の プロダクト 開発チーム 支援や、組織全体の改善、ゲームアプリのマーケティング等に従事した後、Odd-eに参画。 アジャイル コーチとして、IT企業を中心に アジャイル 開発や スクラム の導入支援を行っている。 内製開発部門の営業推進業務、採用業務、コーポレートブランディング等も平行して実施。 一児の母として、仕事も育児も全力投球中。

浅田 純史
浅田 純史 Certified Scrum Owner

2006年 大学卒業後、ヤフーにて営業職として入社。その後、企画職に異動しヤフオクなどECサービスのプロダクトマネジメントを通して、「モノづくり」の楽しさを知る。 2011年(株)ディー・エヌ・エーへ入社し、Scrumと出会う。 プロダクトオーナー としてMobage(ソーシャルゲームプラットフォーム)の開発や新規事業の立ち上げを推進。 2014年 リクルートで海外事業の責任者をした後、2015年からOdd-e Japanに参画。 プロダクトオーナー として医療・農業向けの新規プロダクト開発に挑戦中。 営業、CS、人材採用、総務などコードを書く以外の業務を担当。 2016年 Scrum Alliance® Certified Scrum Professional® 資格取得。

開催日時 2018年 1月11日(木)〜 1月13日(土)9:00〜
会場 大崎ブライトコアホール
東京都品川区北品川5-5-15
会場 Early Bird;15,000円
Standard:20,000円
チケット1枚につき、1名様3日間の参加が可能です
お申し込み お申し込みは『Regional Scrum Gathering Tokyo 2018』の告知ページへ
運営 一般社団法人スクラムギャザリング東京実行委員会

Regional Scrum Gathering Tokyo 2018について Regional Scrum Gathering Tokyoは7回目の開催で、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業、立場の異なる様々な人々が集まる学びの場です。この3日間を通じ、参加同士でスクラムやアジャイルプラクティスについての知識やパッションをシェアするだけでなく、ここで出会ったエキスパートに困りごとを相談することもできます。
イベント公式サイト https://2018.scrumgatheringtokyo.org/