Odd-e Japan

Public Training研修(パブリック研修)

米国に本拠を置く非営利団体 Scrum Alliance®公認研修です。
Scrum Alliance®認定スクラムトレーナー(CST®)による世界標準の研修となります。
パブリック研修はScrum Alliance®のサイト上で告知・募集が行われており、基本的にどなたでもご参加いただけます。

Certified Scrum Product Owner® (CSPO) 認定 プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO)

認定プロダクトオーナー研修(CSPO)

Become a true Scrum practitioner with the Scrum Product Owner certification

概要

Scrum Alliance®認定スクラムトレーナー(CST®)による 「 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 をプロダクト開発の仮説検証のフレームワークとして活用する」ための研修です。


対象者

ビジネスリーダー、製品開発責任者、またはそれに該当する役割の方


学べること

本研修では プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
がどのように考え、どのように振る舞うべきかを学び、チームのアウトプットをいかに高い価値提供(高ROI)へ導くのかに重点がおかれます。 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の基礎~応用の理論から実践 までを幅広く学び、深く理解することができます。


研修内容の構成
  • 1日目〜2日目
    主に プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
    ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
    としての基本的な知識や考え方について学びます。 必要に応じて、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の概念、背景、概要、各役割やセレモニー(ミーティング)、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 と他の新製品開発手法との違いについても取り上げます。
  • 2日目〜3日目
    主に実践的なケーススタディと議論を行い、現場で プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
    ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
    の役割を務める上で必要となる 具体的な知識と理解を深めます。

研修スタイル

本研修はケーススタディと議論の研修スタイルで行います。 多くの実践的な演習、応用問題、シミュレーション等の様々なスクラムの疑似体験が含まれます。
※ 研修構成は プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
中心となっておりますが、 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
、プロダクト開発の利害関係者等、 様々な立場の方にも十分有益なものとなっております


参考サイト

Scrum Alliance® Certified Scrum Product Owner® (CSPO)

Certified ScrumMaster® (CSM)認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
研修(CSM)

認定スクラムマスター研修(CSM)

Discover how you can earn your ScrumMaster certification

概要

Scrum Alliance®認定スクラムトレーナー(CST®)による「 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 をプロダクト開発の仮説検証のフレームワークとして活用する」ための研修です。


対象者

スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 を始められたいまたは興味があるビジネスリーダー、プロジェクト推進者、マネージャー、メンバーまたはそれに該当する役割の方


学べること

多くの実践的な演習、応用問題、シミュレーションなどの様々な スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の疑似体験により、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の基礎~応用の理論から実践 までを幅広く学び、深く理解することができます。


研修内容の構成
  • 1日目〜2日目
    スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の概念、背景、各役割、経験に基づくプロセス制御、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 と他の新製品開発手法との違いについて学びます。
  • 2日目〜3日目
    実践的なケーススタディ。現場で スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 を行う上で必要となる具体的な知識と理解を深めます。

研修スタイル

本研修ではケーススタディと議論の研修スタイルで行います。
※ 研修内容の構成は スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
中心となりますが、チームメンバー、 プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
、プロダクト開発の利害関係者等、 様々な立場の方にも十分有益なものとなっております


参考サイト

Scrum Alliance® Certified ScrumMaster® (CSM)

Certified Scrum Developer® (CSD) 認定スクラムデベロッパー研修(CSD)

認定スクラムデベロッパー研修(CSD)

Strengthen your technical skills in Agile software development

概要

スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 開発チーム 開発チームとは、スクラムで規定されている役割の1つで、製品の実際の作り手。職人集団です。
決められた優先順位に従って、どのようにそれらを形にできるか(品質保証も含む)を決め、効率的に作る責任があります。 効率的に作るために、チームの運用方法の改善についても責任があります。
メンバーとして、正しくかつ効率的に恊働できる人材育成を目的として Scrum Alliance®により作られた、 アメリカ発の体系的ソフトウェア開発者の教育・認定プログラム。

スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の原理原則を理解して、実際に恊働できる能力が Scrum Alliance®が規定した水準を満たしている事を証明します。 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 開発チーム 開発チームとは、スクラムで規定されている役割の1つで、製品の実際の作り手。職人集団です。
決められた優先順位に従って、どのようにそれらを形にできるか(品質保証も含む)を決め、効率的に作る責任があります。 効率的に作るために、チームの運用方法の改善についても責任があります。
メンバーとして必要かつ効率的なコミュニケーション、技術力が Scrum Alliance®の水準を満たしている事を Scrum Alliance®認定スクラムトレーナー(CST®)が評価します。


対象者

エンジニア、開発マネージャー、またはそれに該当する役割の方


学べること

Scrum Alliance®「Certified Scrum Developer (CSD)」の知識と技術を取得し、認定資格取得を目標とします。 実際に理想的な スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 開発チーム 開発チームとは、スクラムで規定されている役割の1つで、製品の実際の作り手。職人集団です。
決められた優先順位に従って、どのようにそれらを形にできるか(品質保証も含む)を決め、効率的に作る責任があります。 効率的に作るために、チームの運用方法の改善についても責任があります。
の 1週間のスプリントを体験する過程で、小さなアプリケーションを構築しながら、 適切な知識や技術、チームとして効率的に働きく習慣を得るでしょう。

本コースでは、トレーニング中にアジャイルコーチからコーチングも受けられるので、実践での悩みも相談できます。
近年、高い技術力を求められる市場において、有益な能力を保有している証明になります。 併せて、継続的に技術力の 向上、継続的な改善できる能力を持っている証明にもなります。 また本研修は、高い技術力を持つエンジニアへ成長させ、 参加者が良い スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の実践者となれるようにサポートします。


研修内容の構成
  • スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 のプラクティス
    ・スプリント計画
    ・バックログリファインメント
    スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 開発チーム 開発チームとは、スクラムで規定されている役割の1つで、製品の実際の作り手。職人集団です。
    決められた優先順位に従って、どのようにそれらを形にできるか(品質保証も含む)を決め、効率的に作る責任があります。 効率的に作るために、チームの運用方法の改善についても責任があります。
    メンバーとして働くということ など
  • 技術的なプラクティス
    ・アジャイルな設計
    ・TDD
    ・CI
    ・ATDD
    ・リファクタリング ・レガシーコードの改善方法 など

Scrum Alliance® が定めた 5日間の研修を受講しなければなりません。
2日間で、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の原理原則や、 正しい スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 を理解します。 残りの3日間で、ソフトウェア開発者として必要な技術的な教育を行います。
研修を通じて、認定スクラムトレーナー(CST®)から適切に指導を受けながら、参加者がアジャイルな技術者として能力があることを証明しなければなりません。
これらの必要な条件を満たせば、2年間の資格取得を申請する権利を得ます。申請すれば、2年間のCSDの認定資格が提供されます。


研修スタイル

30%程度の座学、70%程度の演習という比率で進めます。


参考サイト

Scrum Alliance® Certified Scrum Developer® (CSD)

Training研修予定

CSM® 研修 Certified Scrum Master® (CSM®) 認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
研修(CSM®)は、認定スクラムトレーナー(CST®)によって開催される Scrum Alliance® 認定研修です。 本研修は、唯一の日本人の認定スクラムトレーナー(CST®)である 江端一将(ebacky) が講師を務めます。

本研修を終えると、認定スクラムトレーナー(CST®)によって Scrum Alliance® に登録されます。
Scrum Alliance® に登録されると、オンライン試験の受講資格が与えられ、このオンライン試験に合格すると認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
(CSM®)と認定されます。
認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
(CSM®) は、 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
として必要なスクラムの基礎を理解していることを示します。
詳細とお申し込みは、 Odd-e Japan 公式トレーニング サイトよりお願いいたします。 Odd-e Japan 公式トレーニングサイトでは、認定スクラムマスター研修(CSM®)、 認定プロダクトオーナー研修(CSPO®)、 認定スクラムデベロッパー研修(CSD®)、 1 DAY スクラム概要研修、認定LeSS®(大規模スクラム)実践者研修など、 さまざまな研修のご予約をいただけます。
CSPO® Certified Scrum Product Owner® (CSPO®) 認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO®)は、認定スクラムトレーナー(CST®)によって開催される Scrum Alliance® 認定研修です。 本研修は、唯一の日本人の認定スクラムトレーナー(CST®)である 江端一将(ebacky) が講師を務めます。

本研修を通じて認定スクラムトレーナー(CST®)に 認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO®)の能力を認められると、Scrum Alliance® に登録されます。
Scrum Alliance® に登録されることで、 認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
(CSPO®)と認定されます。
認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO®) は、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
として必要とする基礎内容を理解していることを示します。
詳細とお申し込みは、 Odd-e Japan 公式トレーニング サイトよりお願いいたします。 Odd-e Japan 公式トレーニングサイトでは、認定スクラムマスター研修(CSM®)、 認定プロダクトオーナー研修(CSPO®)、 認定スクラムデベロッパー研修(CSD®)、 1 DAY スクラム概要研修、認定LeSS®(大規模スクラム)実践者研修など、 さまざまな研修のご予約をいただけます。

We Promote Improvement

Odd-e Japanでは、Scrum Alliance®認定研修を実施しています。
Odd-e Japan 公式トレーニングサイトよりお申し込みください

Odd-e Japan 公式トレーニング(詳細・お申し込み)
パプリック研修についてのお問い合わせはこちら

Scrum Goods スクラムグッズ販売

スクラムグッズ販売

弊社関連会社にて、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 でプロジェクト運営を行う際に便利なグッズを各種販売しております。
数が限定されているものもございますので、お早めにどうぞ