home

【オンライン開催】Certified ScrumMaster® 2022/2/28-3/4

トレーナー : Peter Beck

calendar開催日時
2022.02.28 (月) - 2022.03.04 (金)
05:00 AM - 09:30 AM
オンライン開催となります。
$3,200 ( 税込み )

席数だけ仮予約も可能です
clock 申込受付期間
2021.12.17 (金) 午前 05:00 - 2022.02.27 (日) 午前 01:00
【オンライン開催】Certified ScrumMaster® 2022/2/28-3/4
Peter Beck Peter Beck

Certified ScrumMaster®:CSM® 【オンライン版:認定スクラムマスター】

Peter Beck(ピーター・ベック)がOdd-e Japanの Heinrichs Nathaniel(ハインリックス ナサニエル)と協力して、日本語で行います。


本トレーニングは、アクティビティやディスカッションを含め、全て日本語で行われます。英語に自信のない方も安心してご参加いただけます。

※This training will be supported by an interpreter. However, the course has many group activities. Japanese proficiency is required in order to participate in these activities. If you do not speak Japanese, please let us know before you register.


■ 開催日数:5日間(オンライン開催)

■ 開催時間:2022/2/28(月)- 2022/3/4(金)各日 14:00 - 18:30 (全日程の出席が必須となります)


オンライントレーニングに使用するツールをテストするための事前セッションを行います(※どちらかの日程に参加必須)。詳細は参加者の皆さまに別途メールにてご案内いたします。


==========================

Peter Beck(ピーター・ベック) 

活動拠点:Frankfurt Rhein-Main, Germany; Zürich and Bern, Switzerland

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フランクフルト(ドイツ)とベルン、チューリッヒ(スイス)に拠点を置くPeter Beck(ピーター・ベック)の使命は、顧客とその従業員に価値を提供する企業を創造することです。

それがDasScrumTeam AGを設立した理由です。


彼は、Scrum Alliance®の認定スクラムトレーナー(Certified Scrum Trainer®:CST®)であり、確かなエンジニアリングのバックグラウンドを持つコンサルタントです。


2004年以来、チームメンバー、スクラムマスター、プロダクトオーナー、コーチ、トレーナーとして、豊富なスクラムの経験があり、

2007年以降は、スクラム、アジャイル計画手法、およびソフトウェア工学の実践の応用について、幅広い開発チーム、専門部門、プロジェクトマネージャ、およびエグゼクティブを指導してきました。


ピーターは、スクラムとアジャイルについていくつかの出版もしており、カンファレンスやコミュニティへの登壇やセッションも行っています。


保有資格

  • Certified ScrumMaster®
  • Certified Scrum Trainer®
  • Certified Scrum Product Owner®
  • Registered Education Providers
  • Advanced - Certified ScrumMaster
  • Advanced - Certified Scrum Product Owner
  • Certified Scrum Professional - ScrumMaster
  • Certified Scrum Professional - Product Owner
  • Path to CSP Educator

関連リンク


==========================

Heinrichs Nathaniel(ハインリックス ナサニエル)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2001年日本の企業にJoinしアメリカから移住。2010年にOdd-eとスクラムに出会う。

大企業からスタートアップまで幅広く、主にソフトウェアエンジニアリング関連とプロダクトオーナーとして勤めてまいりました。

2020年に海外展開を加速させるためOdd-e Japanに参画。


====================================================

スクラムの考え方から具体的な導入方法までを理解する

まずはじめに

スクラムのエキスパートになって頂く為には、あなたの最大の武器である想像力と時間を効果的に使って頂く必要があります。研修に参加される前に基礎的なスクラムの知識や考え方を学んで頂きます。そして、スクラムを実際の現場で実践するには、練習が必要です。この3日間の研修では、スクラムが実際の現場でどのように多様な使われ方をするのかを学んで頂けます。研修に参加される他の多様な参加者の方々や異なる業界の方々からも学ぶ事は多いでしょう。もちろん、研修後も質問などがありましたら、私達はみなさんに寄添い、お応えしていきたいと考えています。例えば、自分たちのビジネスにどのようにスクラムを適応したら良いのかなど。


DasScrumTeamの専門家と一緒に学ぶ

2004年から、われわれの心は常にスクラムと共にあります。100件以上の異なる企業、業界に対してコンサルティングを提供して参りました。例えば、金融、保険、工場建設やメカトロなどに対し、5000人以上のスクラムマスター、プロダクトオーナー又は開発者のトレーニングを行いました。DasScrumTeamは単に我々の社名であるだけではなく、われわれの哲学です。DasScrumTeamのトレーナーはドイツ語圏で最も経験豊富なトレーナーです。貴方がスクラムの旅を始めるうえで、絶対的な信頼を置ける献身性と実戦経験があります。   


実際の現場への適応

われわれはスクラムを理解するのは簡単だと考えています。ただ、多くの場合、導入に困難が伴うこともあるため、われわれの研修では様々な業界での実践的な例を示しています。そして、もっとも重要なのはあなたの課題を研修に持ち込み、探求する機会とすることです。私たちは常に改善をして行きたいと考えています。研修の中では、あなたの課題だけではなく、他の参加者の課題についても学んでいきます。ただ、全ての課題が研修のなかだけで解決するとは限りません。実際の現場に戻って初めて明確になることもあります。みなさんの個別の環境での課題に関しても質問に答え、説明をさせて頂きたいと思います。


大規模なスクラム

あなたのスクラムはいかがですか?複数チームでの開発をどのようにハンドリングされていますか?他部署との共同は上手くできていますか?スクラムは5−9名でアジャイルになる為のルールです。スクラムを成功させる為の重要な秘密はほとんど公開されていません。全ての会社は異なる文脈があります。それぞれプロダクトが異なるように組織も異なるのです。みなさんにとって有用なトレーニングになることを目指しているため、このトレーニングでは複数チームでのスクラムも想定して行います。


アジェンダ

  • スクラムとアジャイルの基礎とルーツ
  • スクラムのフレームワーク:それぞれの役割が持つ責任、ミーティングとその他の要素
  • ビジョンからプロダクトまで
  • スプリントプランニング、デイリースクラム、スプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブ
  • 継続的改善の文化作り
  • 自己組織化組織の作り方
  • スクラムアライアンスの認定を取得する上で知らなければならないこと


誰が受講すべきか

このトレーニングはどのような人向けなのでしょうか?もし、スクラムを学びたい、又はスクラムの知識を向上させたいとお思いなら、あなた向けのトレーニングといえます。特にスクラムマスターについて詳しく探求していく場ですが、チームメンバー、プロダクトマネージャー又は経営者にとっても、スクラムの旅の第一歩としてご参加いただけます。



★注意事項★

  • 認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster®:CSM®)は、Scrum Alliance® が発行するライセンスです。
  • 本トレーニングは、1企業様においてのお申し込み人数上限はございません。ただし、1回の申込み手続きにてご予約いただける人数は7名様までとなります。
  • 本トレーニングは、ペア割の設定はございません。
  • 本トレーニングへのお申込みが完了した時点で、研修・トレーニング利用規約( https://www.odd-e.jp/training/about-us )に同意いただいたものとみなします。
  • 研修開始日前日を起算日として14日前の日までに最小催行人数8名以上に満たない場合、開催を中止する可能性がございます。
  • 本トレーニングは、主催元がGains Line Singapore Pte.となり、Gains Line Co.,Ltdは販売代理店及びお問い合わせの窓口となります。
  • 本トレーニングの支払い方法は、主催元であるGains Line Singapore Pte.への銀行振込(海外送金)またはクレジットカード払いとなります。お支払い方法の詳細は、申込み完了後Gains Line Singapore Pte.より別途お送りする請求書及び支払い方法のご案内メールをご確認ください。
  • 本トレーニングは、主催元であるGains Line Singapore Pte.の消費税率(7%)が適用されます。
  • お申し込み(参加者登録)完了後、当日案内メール(PDF添付)をお送りいたします。研修開始日前日を起算日として14日前の日までに届かない場合は「contact(@アットマーク)gainsline.com」へご連絡ください。
  • 「参加者」登録のメールアドレスに、トレーニングで使用するツールの権限付与及びScrum Alliance® 登録を行いますので、権限付与が可能なメールアドレスをご登録ください。
  • 全時間受講が義務づけられております。遅刻や早退、途中退室は無条件で認定いたしかねます。
  • 他の仕事をしながらの受講はされないよう、研修に集中できる環境でご受講ください。
  • みなさんの表情が見えるように、Zoom のビデオを常に ON にした状態でのご参加をお願いいたします。
  • 快適にトレーニングを受講するためには、回線速度20MBps以上を推奨いたします
  • 本トレーニングでは、受講中の能力をもとに評価し、オンラインテスト受験資格(=認定候補者)を付与しますので、積極的な能力アピールを必要とします。参加するだけでは認定となりませんのでご注意ください。5日間という短い期間での判断となりますので、どうぞご理解くださいますようお願い致します。
  • 研修開始日前日を起算日として14日前の日以降の日程振替は行なっておりません(キャンセル扱いとなります)。ただし受講者の入れ替えの場合は、キャンセル料はなく前日までご変更いただけます。マイコースからご編集ください。
  • 研修後 ~ 認定候補者へのメール配信まで、おおよそ2週間程度いただいております。(繁忙期の場合は遅延する場合がございます。ご了承ください)
  • 不認定となった場合、Scrum Alliance® からの結果の通知はなく、合格者(認定候補者)のみにメールが送信されますが、本サイトにログインのうえ、マイコースから合否のご確認もいただくこともできます。
  • 本トレーニングは、英語でも日本語でも受講が可能なコースでございます。

----------------------

Mastering Scrum from an idea to an application in practice


Extra fast: Accelerated


Become an Scrum-Expert. Use the most valuable resources you've got, perfectly: Your time and creativity. You will learn the basics about Scrum and the theory behind it. Using Scrum in practice needs practice. This 5-Day-Training shows you how diverse Scrum can be used in actual practice. You'll learn in a group with many different people from different businesses. Even after the course you can count on our support with answers to your questions: How to apply it in the business? 

Learn with the DasScrumTeam-Experts


Since 2004 our heart is fully owed to Scrum. Over 100 consulting mandates in companies and businesses of different industry sectors like finance, insurance, plant construction and mechatronics. Over 5000 ScrumMaster, Product Owner or Developers trained. DasScrumTeam is not just our name, but our philosophy. The DasScrumTeam trainer assigned to you is one of the most experienced trainers in German-speaking countries. You can fully count on your Scrum journey being optimal when it comes to didactics and practical experience.

Bringing it into practice


We know: Scrum is easy to understand, but it is often difficult to implement. That's why our course is packed with practical examples from different industry sectors. Most importantly, you can bring up your own practical issue within the course to be worked on. We work towards improvement. Parallel to that you'll learn about issues other participants have. Some things however, only clear up once back in your own business. Questions about your case will be answered and explained.

The scaling of Scrum


How are you doing Scrum and how do you steer the development with many teams? How do you interact with different departments? Scrum is a set of rules to turn a team of 5-9 people agile. The secret to Scrum's success is that most of it is kept behind the scenes. Every company is as unique as it's products. Therefore this course is made with the scaling of Scrum in mind. This way you discover how to achieve total utilization.

Agenda

   Basics and origin of Scrum and agility

* The Scrum Framework: responsibility of rolls, meetings and other ingredients

* From a vision to a product

* Sprint Planing, Daily Scrum, Spring Review, Sprint Retrospective

* The inner workings of a constantly improving culture

* Organized self-organization

* The needed knowhow and knowledge for a Scrum Alliance certification

Who Should Attend

Who is this course made for? If you want to learn about Scrum or just refine your knowledge about it this course is for you. With a focus on the role of ScrumMaster, though everyone from teammember to product manager or executive can get his first steps into Scrum with this course.



----------------------

本トレーニングの販売窓口は、Odd-e Japanグループの株式会社Gains Lineとなります。

ご不明な点がございましたら下記カスタマー窓口までお問い合わせください。

--

Odd-e Japanグループ 株式会社 Gains Line

認定スクラム研修・トレーニング カスタマー窓口

MAIL:contact@gainsline.com