スクラムマスターの役に立つ認定資格・研修・トレーニング

スクラム開発が世の中に浸透し始めたことで、同時に注目を集めているスクラムマスター
この記事では、スクラム開発におけるスクラムマスターの役割について紹介していきます。

スクラムマスターとは

スクラムガイドでは、スクラムマスターは「スクラムの促進と支援に責任を持つ」と説明されています。
スクラムチームが生み出す価値の最大化のため、スクラムチームが十分なパフォーマンスを発揮できるように支援する役割を担います。

スクラムマスターの役割

スクラムマスターとプロダクトオーナー

スクラムマスターはプロダクトオーナーに対して、プロダクトの方針決定やその表現方法について支援します。
スクラムガイドに則ったプロダクトオーナーの役目を果たせるようにサポートすることで、スクラム促進の責任を果たします。

スクラムマスターと開発チーム

開発チームには、自己組織化機能横断的であることが求められるので、スクラムマスターは開発チームがその状態でいられるようにコーチングします。
また、開発チームの進捗を妨げる要因を排除したり、スクラムイベントをファシリテートすることでも、開発チームが価値あるプロダクトを作るための支援をします。

スクラムマスターと組織

スクラムマスターが支援する範囲は、スクラムチーム内だけではありません。
組織に対してスクラムを導入するためのコーチング導入の計画スクラム導入の効果を高める活動など、その領域はプロダクト開発の枠を超えた広範囲に及びます。

スクラムマスターの仕事内容

スプリントが始まると、開発チームは自分たちが選択したスプリントゴール達成のためのプロダクトバックログアイテムの実現にむけて動き始めます。
スクラムマスターの主な仕事は、開発チームが定めたスプリントゴールの実現のために全力を尽くせるよう、様々なサポートをしていくことです。
その中には、スプリントプランニングやスプリングレトロスペクティブなどのスクラムにおけるセレモニー内でのファシリテーターとなってさまざまなセレモニーの効果を高めたり、スクラム開発の理論や効果を理解してもらえるよう、ステークホルダーに対して説明を実施するといった活動もあります。
このような活動をしていくときに、サポートの域を超えて開発チームを管理するような動きにならないよう、注意が必要です。

スクラムマスターとプロダクトマネージャーの違い

スクラムマスターは、ファシリテートやコーチングといったリーダー的側面があり、プロダクトマネージャープロジェクトマネージャーと混在されることが多々あります。
プロダクトマネージャーが製品の方向性やそれがもたらすビジネスインパクトというような、プロダクト軸で考えるのに対し、スクラムマスターはスクラムチームの成長やプロセスの改善を通じ、自律的チームの実現を支援します
また、スクラム開発における開発チームは自己組織化されているため、一般的に言われるプロジェクトマネージャーのような「管理者」にあたるロールが存在しないことも、特徴のひとつと言えます。

まとめ

ここまでスクラムマスターというロールを中心にスクラム開発の説明をしてきましたが、スクラムガイドにも記載があるように、スクラム開発に関する知識は得られたとしてもその習得は非常に困難です。 スクラムガイドを読んだだけでは、実践で使いこなすのはなかなか難しいでしょう。 スクラムマスターのトレーニングでは、認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster®:CSM®)の資格取得に留まらず、スクラム開発の実践に役立つ学びを得るのに効果的です。 一度受講してみることで、多くの気づきを得られるでしょう。

関連URL