PETER BECK

PETER BECK ピーター ベック

豊富なスクラム経験を持つDasScrumTeam AGの創設者

Certified Scrum Trainer® (CST®) Certified ScrumMaster® (CSM®) Certified Scrum Product Owner® (CSPO®)

Profile プロフィール

フランクフルト(ドイツ)とベルン、チューリッヒ(スイス)に拠点を置くPeter Beck(ピーター・ベック)の使命は、顧客とその従業員に価値を提供する企業を創造することです。

それがDasScrumTeam AGを設立した理由です。彼は、Scrum Alliance®の認定スクラムトレーナー(Certified Scrum Trainer®:CST®)であり、確かなエンジニアリングのバックグラウンドを持つコンサルタントです。

2004年以来、チームメンバー、スクラムマスター、プロダクトオーナー、コーチ、トレーナーとして、豊富なスクラムの経験があり、2007年以降は、スクラム、アジャイル計画手法、およびソフトウェア工学の実践の応用について、幅広い開発チーム、専門部門、プロジェクトマネージャ、およびエグゼクティブを指導してきました。

ピーターは、スクラムとアジャイルについていくつかの出版もしており、カンファレンスやコミュニティへの登壇やセッションも行っています。

Peter Beck(ピーター・ベック)の研修・トレーニング

Peter Beck(ピーター・ベック)の研修・トレーニングは、Odd-e Japan 研修・トレーニングサイトからお申し込みいただくことができます。

  • 認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster®:CSM®)
  • 認定プロダクトオーナー(Certified Scrum Product Owner®:CSPO®)

  • 認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster®:CSM®)研修・トレーニング

    スクラムの考え方から具体的な導入方法までを理解する

    まずはじめに、スクラムのエキスパートになって頂く為には、あなたの最大の武器である想像力と時間を効果的に使って頂く必要があります。研修・トレーニングに参加される前に基礎的なスクラムの知識や考え方を学んで頂きます。そして、スクラムを実際の現場で実践するには、練習が必要です。
    この3日間の研修・トレーニングでは、スクラムが実際の現場でどのように多様な使われ方をするのかを学んで頂けます。研修・トレーニングに参加される他の多様な参加者の方々や異なる業界の方々からも学ぶ事は多いでしょう。もちろん、研修・トレーニング後も質問などがありましたら、私達はみなさんに寄添い、お応えしていきたいと考えています。例えば、自分たちのビジネスにどのようにスクラムを適応したら良いのかなど

    DasScrumTeamの専門家と一緒に学ぶ

    2004年から、われわれの心は常にスクラムと共にあります。100件以上の異なる企業、業界に対してコンサルティングを提供して参りました。例えば、金融、保険、工場建設やメカトロなどに対し、5000人以上のスクラムマスター、プロダクトオーナー又は開発者のトレーニングを行いました。
    DasScrumTeamは単に我々の社名であるだけではなく、われわれの哲学です。DasScrumTeamのトレーナーはドイツ語圏で最も経験豊富なトレーナーです。貴方がスクラムの旅を始めるうえで、絶対的な信頼を置ける献身性と実戦経験があります。

    実際の現場への適応

    われわれはスクラムを理解するのは簡単だと考えています。ただ、多くの場合、導入に困難が伴うこともあるため、われわれの研修・トレーニングでは様々な業界での実践的な例を示しています。そして、もっとも重要なのはあなたの課題を研修・トレーニングに持ち込み、探求する機会とすることです。私たちは常に改善をして行きたいと考えています。研修・トレーニングの中では、あなたの課題だけではなく、他の参加者の課題についても学んでいきます。
    ただ、全ての課題が研修・トレーニングのなかだけで解決するとは限りません。実際の現場に戻って初めて明確になることもあります。みなさんの個別の環境での課題に関しても質問に答え、説明をさせて頂きたいと思います。

    大規模なスクラム

    あなたのスクラムはいかがですか?複数チームでの開発をどのようにハンドリングされていますか?他部署との共同は上手くできていますか?スクラムは5−9名でアジャイルになる為のルールです。スクラムを成功させる為の重要な秘密はほとんど公開されていません。
    全ての会社は異なる文脈があります。それぞれプロダクトが異なるように組織も異なるのです。みなさんにとって有用な研修・トレーニングになることを目指しているため、この研修・トレーニングでは複数チームでのスクラムも想定して行います。

    アジェンダ

    • スクラムとアジャイルの基礎とルーツ
    • スクラムのフレームワーク:それぞれの役割が持つ責任、ミーティングとその他の要素
    • ビジョンからプロダクトまで
    • スプリントプランニング、デイリースクラム、スプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブ
    • 継続的改善の文化作り
    • 自己組織化組織の作り方
    • スクラムアライアンスの認定を取得する上で知らなければならないこと

    誰が受講すべきか

    この研修・トレーニングはどのような人向けなのでしょうか?もし、スクラムを学びたい、又はスクラムの知識を向上させたいとお思いなら、あなた向けの研修・トレーニングといえます。特にスクラムマスターについて詳しく探求していく場ですが、チームメンバー、プロダクトマネージャー又は経営者にとっても、スクラムの旅の第一歩としてご参加いただけます。

    認定スクラムプロダクトオーナー(Certified Scrum Product Owner®:CSPO®)研修・トレーニング

    CSPOの内容は講師によって様々ですが、全ての認定スクラムプロダクトオーナーの研修・トレーニングはプロダクトオーナー視点でスクラムを理解するという点が共通しています。

    この研修・トレーニングを無事に修了できた方にはCSPOの資格が付与されることになります。全てのCSPO研修・トレーニングはスクラムアライアンスから認定を受けたトレーナーによって実施されます。

    アジャイルチームは素晴らしいアウトプットを実現します。ただ、そのアウトプットを成果に繋げられるかはプロダクトに関するリーダーシップにかかっています。プロダクトオーナーは全体のビジョンとスクラムチームのイテレーションのゴールを定義します。この認定スクラムプロダクトオーナーではアジャイルな見積り、計画そしてリーダーシップに関して深く探求して行きます。

    ぜひアジャイルプロダクト開発を習得する為に認定スクラムプロダクトオーナーになってください!

    学習いただく内容

    • スクラムとアジャイルの基礎
    • プロダクトオーナーの権限、責任、作業
    • 顧客とユーザーを喜ばせるプロダクト作り
    • 要求:ユーザーストーリー、ストーリーポイントとビジネス価値
    • 自己組織化されたチームを率いる方法
    • 品質の作り込み:仕様からテスト、そして受け入れ
    • プロダクトバックログの優先順位付け
    • 罠:プロダクトオーナーとしてどのような過ちを冒してしまうのか
    • 予想:プロジェクトの期日とマイルストーン決め

    あなたの能力を証明する

    認定スクラムプロダクトオーナーは世界的に認知されており、スクラムに関する最も大きな組織であるスクラムアライアンスの発行する資格です。認定者は世界中で既に50万人以上います。そして、5000人以上がDasScrumTeam社の研修・トレーニングを受講しています。あなたのアジャイルでのプロジェクトマネージメント能力を認定プロダクトオーナーの資格で証明しましょう。この研修・トレーニングを通じてどのようにアジャイルなプロジェクトを成功に導くかを学ぶことができます。

    研修・トレーニングの概要

    この研修・トレーニングを修了した際にはスクラムチームと共にアジャイルプロジェクトをビジョンから完成まで牽引できるようになります。

    あなたの実際の現場にあった回答を得られる

    全てのトレーナーは10年以上のスクラム経験があり、組織の規模にかかわらず、実際の職場であなたの助けになるような解決策や実践的な利用方法を知っています。

    スクラムはソフトウェア開発の分野で知られてきましたが、われわれの研修・トレーニングではそれ以外の分野でも適応可能な汎用的なアプローチをお伝えします。


    詳細とお申込み

    Wanna to get his training?

    ピーターベックの
    研修・トレーニングを受けたいですか?
    ウェブサイトからお申し込みください