在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、在庫量を管理するシステムです。BtoC・BtoBや、製造業・小売業などの業種・業態を問わず、在庫量を適切に管理することは、売上・経営に欠くことのできない重要事項です。在庫管理システムは、在庫管理の他に、在庫の品質管理を含めてる場合もあります。

Amazonのロングテールに代表されるように、現代では人々の嗜好が多様化しており、数多くのアイテムを取り扱う必要があるため、在庫管理はますます重要なものとなっています。

こんな悩みをお持ちの企業・ご担当者様に

  • 在庫のリアルタイム管理ができていないため、失注や納品待ちなどでお客様にご迷惑をおかけしてしまう。
  • 間違えて違う商品を受け入れたり、出庫することがある。
  • 返品、不良品、サンプル品といった例外処理を適切に行えない
  • 販促物や資材、保守部品は棚卸以外、基幹システムに反映していない
  • 管理を「紙」やエクセルなどの作業でしてきているため、登録も参照も手間がかかっている
  • 通販のカートシステムと連携していないため、受注管理と在庫管理を別々に行う必要があり、手間がかかっている。
  • 配達番号と出荷実績の紐づけができておらず、人的ミスなどによりクレームが発生することがある。

在庫管理システム
主な機能

販売管理

  • 見積
  • 受注
  • 出荷
  • 売上
  • 請求
  • 入金
  • 売掛
  • 回収予定
  • 予算管理

在庫管理

  • 受払
  • 棚卸
  • 増減の記録・管理
  • 在庫推移表
  • 在庫回転率
  • 不足在庫一覧票
  • レポート
  • 在庫再分析
  • 在庫日数シミュレーション

仕入管理

  • 発注
  • 入荷
  • 出金
  • 買掛

商品情報管理

  • 商品情報登録
  • 商品情報管理
  • 商品情報閲覧
  • 商品情報検索

薬品、機器などの持ち出し履歴の記録、管理

分析機能

お客様の「やりたいこと」を
最適な形で実現いたします

ご予算、最適な機能、組織構成への対応、サポート体制、
他システムとの連携、マルチデバイス(スマホ・タブレット)対応など、
貴社の課題・問題・ご希望をヒアリングのうえ、最適なご提案をいたします。

お問い合わせはこちら

在庫管理システム
プロジェクト開始までの流れ

  1. 1. お問い合わせ

    お問い合わせフォームよりご連絡ください。いただいた内容を確認し、担当者より折り返しご連絡させていただきます。

  2. 2. ヒアリング

    担当者がお電話もしくは貴社に伺い、ご依頼内容、スケジュール、ご予算などをより詳しくお伺いいたします。

  3. 3. お見積りのご提案

    伺った内容を元にプロジェクトチームの編成、リリースまでの運営方法とお見積りをご提案いたします。

  4. 4. ご契約の締結

    契約書のドラフト案を作成し、お客様にご確認いただきます。内容に問題がなければ契約締結となります。

  5. 5. プロジェクト開始

    契約締結後、プロジェクトを開始いたします。

貴社に最適のシステム導入・システム開発を
プロフェッショナルがサポートいたします

Odd-e Japan(オッドイー・ジャパン)では、パッケージ製品の導入、スクラッチ開発(フルスクラッチ開発・新規開発)、これら2つの間に位置するカスタマイズ開発の3つのスタイルでご利用いただけます。お客様が管理したい顧客や業務内容を伺った上で、必要な機能だけを盛り込んだシステムをご提案いたします。

例えばこんなご提案

Toucheez(タッチーズ)

在庫管理システム Toucheez(タッチーズ)

当社が持つNFC技術を使った Toucheez(タッチーズ) では、少ないコストで導入でき、スマホで簡単にICチップを利用した在庫管理を実現できます。貴社の取り扱う商材、業務を伺った上で、従業員の方々がもっとも導入しやすい在庫管理システムをご提案いたします。まずは以下のフォームよりご連絡ください。

お客様の「やりたいこと」を
最適な形で実現いたします

ご予算、最適な機能、組織構成への対応、サポート体制、
他システムとの連携、マルチデバイス(スマホ・タブレット)対応など、
貴社の課題・問題・ご希望をヒアリングのうえ、最適なご提案をいたします。

お問い合わせはこちら