Odd-e Japan

江端 一将

Kazumasa "Ebacky" EBATA江端 一将

Chief Executive Officer(CEO)最高経営責任者
Certified Scrum Trainer®(CST)

Certified Scrum Trainer® (CST®) Certified LeSS Practitioner

Profileプロフィール

鉄鋼会社、金融系の情報配信会社を経て、アメリカ人のパートナーと Odd-e Japan を立ち上げる。
スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 に関する国際的な団体、Scrum Alliance® が認める Certified Scrum Traininer® でもありながら、Certified Scrum Traininer® の育成を担う Trainer Approval Community(TAC)のアジア地域のリーダーも務め、アジア地域で、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 の普及と後進育成も担っている。
業務以外では、2009年に日本初のScrum Alliance® 認定コミュニティ SukuSuku-Scrumを発起したり、TDD boot Camp 等のコミュニティも立ち上げ、日本の技術者が楽しく学べる環境を創っている

My Motto座右の銘

「楽しむ」ことを大切にしています。
座右の銘といえる程、人生を知り尽くしていませんが「歓喜」する事、「歓喜」できるようになることを大切にしています。
一人でも仲間とも、どのような状態も「歓喜」し続けていたいです。

This is ME江端ってこんな人

  • 愛称は「Ebacky(エバッキー)」国内外でも親しまれているという噂
  • 常に行動しており、いつ寝ているのかは誰も分からない。Odd-e 7不思議の1つ
  • 社内では "いじられ役" で、いじられると嬉しい。一方で、圧が強いと言われる事もあるらしい。
  • 弱点はパクチー。東南アジア出張の際は食べ物に困る。ほぼ絶食
  • 時計、メガネなど小物類が仲間とカブる傾向にある。

from members仲間から見える江端

  • 榎本からみた江端「真面目、タフ、説得力」
  • 知花からみた江端「気配り、こまめ、ロジック」
  • 淺田からみた江端「寝ない人、ストイック、勉強熱心」
  • 木下からみた江端「面白い、お酒飲み、タフ」
  • 金井からみた江端「ストイック、知識が豊富、パクチー」
  • 矢代からみた江端「意外と女子力が高い、ストイック、いい匂いがする」
  • 岡本からみた江端「頭の回転が早い、タフ過ぎ、物忘れが激しい」
  • ライトからみた江端「不思議、急にSモードになる、意外といいリーダー」
  • 生田からみた江端「意外とお茶目」
  • 渡部からみた江端「青いマグマ的な」
  • 協業者からみた江端「思いやりたっぷり、さみしがり屋で繊細、底なしパワフル」
  • インターンからみた江端「強そう、マイルド、バイタリティがある」

Training研修予定

CSM® 研修 Certified Scrum Master® (CSM®) 認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
研修(CSM®)は、認定スクラムトレーナー(CST®)によって開催される Scrum Alliance® 認定研修です。 本研修は、唯一の日本人の認定スクラムトレーナー(CST®)である 江端一将(ebacky) が講師を務めます。

本研修を終えると、認定スクラムトレーナー(CST®)によって Scrum Alliance® に登録されます。
Scrum Alliance® に登録されると、オンライン試験の受講資格が与えられ、このオンライン試験に合格すると認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
(CSM®)と認定されます。
認定 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
(CSM®) は、 スクラムマスター スクラムマスターとは、スクラムで規定されている役割の1つで、チームのコーチ的存在(プロスポーツチームに必ず在籍しているコーチに近い役割)

スクラムマスターには、 "スクラムのルールやルール背景について深い知識をもち、スクラムを利用するチームやプロダクトオーナーがその役割や責任・目的を果たせているかを観察し、 生じている問題や解決すべき課題の解決を促進する責任があります"
として必要なスクラムの基礎を理解していることを示します。
詳細とお申し込みは、 Odd-e Japan 公式トレーニング サイトよりお願いいたします。 Odd-e Japan 公式トレーニングサイトでは、認定スクラムマスター研修(CSM®)、 認定プロダクトオーナー研修(CSPO®)、 認定スクラムデベロッパー研修(CSD®)、 1 DAY スクラム概要研修、認定LeSS®(大規模スクラム)実践者研修など、 さまざまな研修のご予約をいただけます。
CSPO® Certified Scrum Product Owner® (CSPO®) 認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO®)は、認定スクラムトレーナー(CST®)によって開催される Scrum Alliance® 認定研修です。 本研修は、唯一の日本人の認定スクラムトレーナー(CST®)である 江端一将(ebacky) が講師を務めます。

本研修を通じて認定スクラムトレーナー(CST®)に 認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO®)の能力を認められると、Scrum Alliance® に登録されます。
Scrum Alliance® に登録されることで、 認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
(CSPO®)と認定されます。
認定スクラム プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
研修(CSPO®) は、 スクラム スクラムとは、タイムボックスを設定し、チームでプロダクトの価値を向上するためのフレームワーク(開発手法)です。 詳細は、Scrum Primer(スクラム入門:和訳版) にてご確認下さい。 プロダクトオーナー プロダクトオーナーとは、スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。
ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義(スクラムの導入もその一端)し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
として必要とする基礎内容を理解していることを示します。
詳細とお申し込みは、 Odd-e Japan 公式トレーニング サイトよりお願いいたします。 Odd-e Japan 公式トレーニングサイトでは、認定スクラムマスター研修(CSM®)、 認定プロダクトオーナー研修(CSPO®)、 認定スクラムデベロッパー研修(CSD®)、 1 DAY スクラム概要研修、認定LeSS®(大規模スクラム)実践者研修など、 さまざまな研修のご予約をいただけます。

Wanna Talk With Him?

江端 と話したいですか?まずは気軽にお問い合わせください。ご要望をお伺いするため、担当からご連絡させていただきます。