home

Certified Large-Scale Scrum:Practitioner 2/18-20

トレーナー : Bas Vodde

calendar開催日時
02/18/2020 12:00 AM - 02/20/2020 09:00 AM
CIVI研修センター秋葉原 101-0041 東京都 千代田区 神田須田町1-5-10 相鉄万世橋ビル2F
¥ 300,000 ( ¥330,000 税込み )

5 名お申込みで 20% 割引

席数だけ仮予約も可能です
clock 申込受付期間
08/08/2019 12:00 AM - 02/17/2020 02:00 AM
Certified Large-Scale Scrum:Practitioner 2/18-20
Bas Vodde Bas Vodde

詳細

認定LeSS実践者研修〜理念から実践まで〜 <大規模Scrum>

本トレーニングは、Scrum Alliance公認継続学習コースです。

LeSS考案者のBas Voddeがトレーナーを務め、Odd-eのAgileコーチEmerson Millsが通訳にて日本語でのサポートを行います

アクティビティやディスカッションを含め、全て日本語で行われます。英語に自信のない方も安心してご参加いただけます。

※This training will be supported by an interpreter. However, this course has a lot of group activity. Most of attendances likely to speak only Japanese, so you need to communicate in Japanese with other attendances. If you do not speak Japanese, please let us know before you register.


Description

Large-Scale Scrum (以下、LeSS)は複数チームでアジャイルな開発を行うためのフレームワークです。LeSSは、エンピシリズム(経験主義)、クロスファンクショナル、自律的なチームといったスクラムの原則を守りながら、規模を拡大しなければならない場合に適応できるフレームワークです。また、大規模な製品開発に適用できるシンプルなルールとガイドラインがあります。

認定LeSS実践者コースは、LeSSの原則、全体のフレームワーク、ルール、指針を全て網羅します。

また、LeSSを実践適応もしくは改善していく上で必須となる情報を提供します。

なので、コース内容は、LeSSの概要、導入事例紹介、ワークショップやQ&Aなど、皆様の関心が多い領域をカバーします。


認定LeSS実践者コース対象者

  • LeSSの導入を検討もしくは導入に関わられている方
  • スクラムの基本的な知識をお持ちの方(認定スクラムマスター、プロフェショナルスクラムマスターのコースを受講されている方、もしくはスクラム入門等のスクラムに関する資料を熟読されている方)


割引

グループ割引がございます。1アカウントで5名様お申し込みされますと自動で20%割引が適用されます。是非、会社の方とご一緒にご参加ください。(5名様毎のため、6-7名様目は通常料金)

※ 5名様で1枚の請求書(領収証)におまとめし、一括お振込が条件でございます。同じ資格、同じ日程の研修でのみ適用となります。


Agenda

この3日間のコースでは、LeSSに関する以下の知識を得る事ができます。

<1日目>LeSSの概要がメインとなります。LeSSの基本原則と組織の側面について学習します。

<2日目> 2日目はDoneの定義による製品開発の管理、プロダクトオーナーとラインマネージャーの役割がLeSSでどう変わるのかについて探求します。

<3日目> 様々なチームがどのように仕事を調整しながら組織にLeSSを導入しているか。その活動でスクラムマスターが担う役割について探求します。


コースの詳細

1日目:

  • はじめに
  • スクラム、そしてLeSSの全体概要
  • LeSSの基本原則
  • 顧客価値とフィーチャーチーム


2日目:

  • プロダクトは何ですか?
  • Doneの定義とその重要性
  • フィーチャーチーム適応図
  • プロダクトオーナーとプロダクトバックログ
  • マネージメントの役割
  • 組織への影響と典型的なLeSSの組織構造


3日目:

  • LeSSにおけるプロダクトバックログリファインメント、スプリント計画、レビューとふりかえり
  • スケーリングする際の考慮点とテクニック
  • 統合と調整
  • LeSSを組織へ導入
  • ケーススタディー:ノキアネットワークスでの2つの大規模LeSS導入
  • LeSSにおけるスクラムマスターの役割


Details

コース終了時

全ての受講者は、認定LeSS実践者の資格とless.worksのアカウントを取得できます。less.workでは、LeSSに関する様々な情報が取得できます。また、研修の情報や他の受講者とのつながりも持てます。

全ての受講者はLarge-Scale Scrum: More with LeSSという本(現在執筆中)の最新版の原稿を読む事ができます。


参考書籍

大規模スクラム Large-Scale Scrum(LeSS) アジャイルとスクラムを大規模に実装する方法

https://amzn.to/2G5ZPRa


★注意事項★

  • LeSS Practitioner  は、The LeSS Company B.V. が発行するライセンスです。
  • LeSS Practitioner  は1企業様のお申し込み人数上限はありません
  • お申し込み(参加者登録)完了後、当日案内メール(zipファイル添付)をお送りいたします。開催10日前までに届かない場合はcontact-ja AT odd-e.comへご連絡ください。
  • 全時間受講が義務づけられております。遅刻や早退、途中退室は無条件で認定できません。
  • パソコンや携帯電話の使用等、ルール違反も認定できませんのでご注意ください。
  • 開催10日前からは日程の振替は基本的に行なっておりません。開催10日前からキャンセル扱いとなり所定のキャンセル料が発生します。ただし受講者の入れ替えはキャンセル料はなく前日まで変更可能です。マイコースからご編集ください。


Large-Scale Scrum (LeSS) is a framework for scaling agile development to multiple teams. LeSS builds on top of the Scrum principles such as empiricism, cross-functional self-managing teams and provides a framework for applying that at scale. It provides simple structural rules and guidelines on how to adopt Scrum in large product development.

The Certified LeSS Practioner course is an in-depth course covering the LeSS principles, framework and rules, and guides. It provides essential information for adopting and improving LeSS to your product development group. The course contains an overview of LeSS, stories on LeSS adoptions, exercises and extensive LeSS Q&A to ensure we discuss the topics most of interest to the participants.

The Certified LeSS Practitioner course is for anyone who is involved in a LeSS effort. Basic Scrum knowledge is expected and can be achieved by attending a Certified ScrumMaster or a Professional ScrumMaster course, or thoroughly reading Scrum introduction material such as the Scrum Primer and practicing Scrum.


The course is three days. The first day has the focus on the LeSS Overview, the LeSS Principles and organizational aspects. The second day focuses on managing the product development with Definition of Done, role of the Product Owner and how (line) managements role changes in LeSS. The last day focuses on how the different teams coordinate their work, how LeSS is adopted in organizations and the role of the ScrumMaster.


Day #1:

  • Introduction
  • Scrum, LeSS and LeSS Huge Overview
  • LeSS Principles
  • Organizing around Customer Value and Feature Teams


Day #2:

  • What is your product?
  • Definition of Done and its impacts.
  • Feature Team Adoption Map
  • Product Owner and Product Backlog
  • Role of Management
  • Organizational impacts and typical LeSS organizational structure


Day #3:

  • LeSS Product Backlog Refinement, Sprint Planning, Review and Retrospective
  • Consideration on technical practices when scaling.
  • Integration & Coordination
  • Adopting LeSS in your organization
  • Case Study: Nokia Networks two LeSS Huge adoptions
  • ScrumMaster role within LeSS


After course completion

All participants will be a Certified LeSS Practitioner and will get an account on less.works. Here they can find additional information about LeSS, share course information and stay in contact with the other course participants.

All participants get access to the draft of the new upcoming book: Large-Scale Scrum: More with LeSS

thumbnail cover image