2018.04.16-04.18 - Global Scrum Gathering® MINNEAPOLIS 2018 - EVENT REPORT Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018
参加レポート

去る2018年4月16日〜18日にアメリカ ミネアポリスにて開催された Scrum Alliance® 主催の Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 に、我々Odd-e Japan(オッドイー・ジャパン)メンバーが参加してまいりました。

Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

Global Scrum Gathering® とは

Scrum Alliance® 主催のScrumについての情報交換を行うカンファレンスです。
毎年2回、春と秋に開催されており、主に春はアメリカ、秋はヨーロッパで開催されます。2018年は、春にはアメリカ ミネアポリスで開催され、秋にはイギリス ロンドン、また来年2019年の春にはアメリカ オースティンにて開催される予定です。
2018年春の今回は、開催地のアメリカをはじめ、カナダ、南米、ヨーロッパなど世界各国から1,500名のアジャイルコーチやスクラムマスター、プロダクトオーナーが参加していました。日本からの参加者は我々を含めた7名でした。

Global Scrum Gathering® では 最新のスクラム運営に役立つノウハウを学べる!

3日間でおよそ100ものセッションが開催されており、自分の興味のある分野のセッションに参加することができます。

  • スクラムマスター向けセッション 振り返りでメンバーからアイデアを引き出す方法など日々の活動をより効果的にするテクニックから、リーダーシップ・組織変革への考え方、心理学やコーチングを活かしたチーム・組織改善についてのセッションやプレゼンテーションがあります
  • プロダクトオーナー向けセッション 高い価値を生み出すチームにしていくにはどうすればいいか、プロダクトオーナーとしてのマインドセット、PBL作りのテクニックや考え方、Marketingなどに関連したセッションやプレゼンテーションがあります
  • 開発エンジニア向けセション TDD(Test-Driven Developmen)やEDD(Experienced Driven Design)、BDD(Behavior Driven Development)、Mob Programmingなどがあります。

1つのセッションは、概ね45分か75分。
ただ「聞いて学ぶ」というものは殆どなく、セッション中に同じテーブルに集まったメンバーで、一緒にワークショップを行う参加型のセッションがほとんどです。
セッションを通して各国からの参加者や、トレーナーやプレゼンターの方と仲良くなり、セッション後にお互いの悩みを話したり、情報交換・相談をすることで、社内、ひいては日本国内に留まることなく、世界を基準に自分の(或いは自分の会社の)課題について再認識できる場でもあります。非ソフトウェア開発に関するスクラムの適用方法などの情報を得ることができる点は、日本で開催される Regional Scrum Gathering との1つの大きな違いと言えます。


参加者が自由にセッションを開催 オープンスペース

2日目はオープンスペース
オープンスペースでは、参加者が自由にセッションを開くことができます。
ディスカッションしたいことを自分で議題にして、同じ議題に興味がある人たちが集まって、議論を行います。
午前中に参加者が全員集まり、セッションを開きたい人が、セッションの内容・開催時間・開催場所をプレゼンします。その後、セッションの内容に興味ある人達が指定の時間・場所に集まり、議論を行います。基本的に、開催者がファシリテーションを行います。
セッションの開催者になると、自分の悩みの解決のヒントを得ることができますし、また、違う国や役割の人が集まる中で、ファシリテーションをするという貴重な経験をすることができます。

Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

CSTやCTCからの豊富なアドバイスを得れる! コーチズクリニック(Coaches Clinic)/ レディーセットトレインクリニック(Ready-Set-Train Clinic)

Certified Scrum Trainer®(CST)や Certified Team Coach®(CTC)など、経験豊富な方々が、抱えているお悩みを解決するお手伝いをしてくれます。
また、CSTとしてキャリアアップするためにはどのようにすればよいかを、CSTの方に直接相談することができるスペースもあります。


ブレイクタイムも有効活用 朝食 / ランチ / ハッピーアワー

朝食・昼食・軽食などは、すべて会場で用意されています(参加料金に含まれています)。
会場には全参加者が集まるので、一緒に食事をしながら、セッションの開催者に質問や相談をしたり、他の参加者と情報交換をすることができます。

Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

Global Scrum Gathering® 参加のメリット

  • スクラムに関する世界の最新のトピックを学ぶことができます
  • 世界でどのようにスクラムが使われているのか、どのように広がっているのかを把握することができます
  • 様々なテクニックや考え方は多くが実践的なもので、帰国後すぐに活かせるものも多数あります
  • 世界各国の様々な役割を持つ方々との人脈を広げることができます。企業間のコラボレーションも!
  • オープンスペースでは数十のアジェンダについて議論が行われていますので、情報収集や思考を深めるにはもってこいの機会です

Regional Scrum Gathering® Tokyo / Global Scrum Gathering® 日本のScrum Gathering と世界の Scrum Gathering のちがい

日本でもスクラムやアジャイルに関連するカンファレンスは多く開催されてますが、これだけ多種多様なセッションやプレゼンを一度に拾えることができるのはGlobal Scrum Gathering® ならでは。
新たな風としては、世界では営業やマーケティング、カスタマーサポートといった、『非ソフトウェア開発』にスクラムを適用させ、どのように組織の改善するかを図っていく企業が増えており、実際にノウハウを外部にシェアできるような経験を積んでいる企業も多数出てきています。

関連URL Global Scrum Gathering®(Scrum Alliance®)
Global Scrum Gathering® London 2018(Scrum Alliance®)
Global Scrum Gathering® Austin 2019(Scrum Alliance®)

Global Scrum Gathering® Minneapolis 他のレポート Global Scrum Gathering® Minneapolis
オープンスペース(Open Space)を体験してきた
グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)ワークショップレポート
アジャイル・スクラム(Agile/Scrum)関連:オススメの本・サイト
アジャイルマーケティング(Agile Marketing)

We Promote Improvement

プロジェクト推進のプロが、お客様のプロジェクト推進における課題や、
目指すゴールに対して必要な改善・アクションプランを策定・実施支援をいたします。
まずはお問い合わせください。