2018.04.16-04.18 - Global Scrum Gathering® MINNEAPOLIS 2018 - EVENT REPORT グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)
ワークショップレポート

去る2018年4月16日〜18日にアメリカ ミネアポリスにて開催された Scrum Alliance® 主催の Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 で開催された
グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)を主題としたセッション「Color Outside the Lines: Graphic Facilitation 101 (Playing in the Scrum Sandbox) - Speaker :Tamsen Mitchell」に当社メンバーの浅田が参加いたしましたので、レポートをお届けいたします。

グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)ワークショップ グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)ワークショップ

Graphic Facilitation グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)とは

皆さんは、会議を行うとき、ホワイトボードや模造紙を使いますか?
会議で出た意見を書いて、意見を比較しながら議論したり、最後に決定事項を書いてまとめたりするのに、ホワイトボードや模造紙はとても重要なアイテムですよね?
ところで、会議で出た意見や決定事項を皆さんはどのように書いていますか?どのような工夫をされていますか?
会議の参加者が見やすいように

  • 箇条書きにする
  • 色を活用してメリハリをつける

など方法はいろいろあると思いますが、大半の方は、「文字」を使われているんではないでしょうか?
グラフィックファシリテーションは、「文字」ではなく「絵」を使って、出てきた意見や決定事項をまとめていくスキルのことです。


Graphic Facilitation グラフィックファシリテーションに期待できる効果

グラフィックファシリテーションには、おおきく2つのメリットがあります。

  • 構造化することで、話をわかりやすく簡潔にできる フローチャートなどの図を活用して整理することで、複雑な内容が構造化されて、参加者の頭が整理されやすくなります。議論すべき重要なポイントが明確になって、話し合いをゴールに導きやすくなります。また、会議の内容を見える化することで、参加者だけでなく、議事録を見ただけの人も、絵や文字を見ることで会議時の参加者の思いや気持ちを共有することができます。
    また絵のほうがインパクトが強く記憶として定着しやすいので、次回の会議のとき、「あれ?前の話なんだっけ?」と思い出すことに時間がかかることも少なくできます。
  • その場にいる人の気持ちやアイデア、関係性を活性化する グラフィックは人の感情に直接、働きかけます。文字と違って、意見を出した人の「気持ち」を伝えることができます。
    気持ちが伝わることで、対話がはずんだり、新しいアイデアが湧いてくるようになったり、といった効果があります。

Graphic Facilitation グラフィックファシリテーションって難しくないの?

メリットはわかったけど、絵が上手い人しか使えないよね。。。そう思われる方も多いのではないでしょうか?

私も絵がとても下手くそなので、自分にはできないと考えてました。でも、絵が下手でも、問題ないのです。なぜなら、ファシリテーション中に描ける絵なんて、短時間に描けるシンプルなものだけです。「人」、「家」、「矢印」「車」をシンプルに表すマークであれば、絵が苦手なあなたでも描ける気しませんか?

このワークショップでわかったグラフィックファシリテーションの極意は「絵の上手さ」ではなく「絵のストックの数」だということです。
グラフィックファシリテーションで重要なスキルは、「出た意見を、考えることなく瞬時に絵に描き起こす技術」です。
反射神経で絵を描くようにするためには「ストック」が大事。ストックが多ければ、多いほど、すぐに絵がかけます。
では、どのようにストックを増やし、グラフィックファシリテーションのスキルを伸ばしていくのか?

今回のワークショップでは、その方法を「初級」、「中級」、「上級」の3つのレベルで紹介してくれました。 一緒に挑戦してみましょう!

Graphic Facilitation 初級

30個のグラフィックを短い時間で書いてみよう。

1. あなたが描ける簡単なシンプルな絵をひたすら描く

とりあえず、何も考えずに描けるものを書いてみる。

Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018 Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

5分で書いてと言われて、私は全然描けませんでした・・・・
会議で使えるかな?と考えたり、絵の巧さにこだわらず、恥ずかしがらず、とにかくたくさん描くことをおすすめします

2. 描き出した絵が、どんなシーンで使えるグラフィックかを考える

例えば「電球」なら「新しいアイデアがでたとき」など。

初級はこれで終わりです。グラフィックファシリテーションをするためには、自分の中でどのときに、どんなアイコンを使うかの辞書を作っておくのが大事。
備えがあれば、考えることなく絵を描くことができるようになるからです。日々、この辞書を増やしていくことで、グラフィックファシリテーションのスキルがあがるそうです。
絵のアイデアが浮かばない、どれくらいのレベルの絵が描けないとダメなの?という人は上の写真の「Visual Alphabet」を見てください。
これらの図形は絵を書くための最小限のパーツです。この「Visual Alphabet」の組み合わせで作れるもの程度のレベルの絵で良いそうです。

絵が下手くそな人でも自信がでてきませんか?

Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

5分で30個の絵が描けるようになれば初級はクリアです。


Graphic Facilitation 中級

抽象的なものを絵にする
Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

上記の表にある単語を絵にしてみてください。 初級をクリアした方なら、左列の「具体的なもの」は、かんたんに描けるのではないでしょうか?
しかし、右列の「抽象的なもの」はどうでしょう?
具体的なものは簡単に描けますが、抽象的なものは難しいですね?
また、答えは人それぞれで、みんなが納得する絵を描くのは難しいです。

例えば「Strong」。あなたなら、どんな絵を描きますか?
私は「力こぶ」でしたが、まわりを見渡すと「剣」などの武器を描いてる人が多い印象でした。「銃」を描いている人が多かったので、こんなところにアメリカ感を感じたりもしました(笑)

抽象的なものも絵で書けるように練習しましょう。

抽象的なものでも自分以外の参加者がそれが何を示しているのか理解できるストックを考えましょう。
抽象的なものを表すストックを増やしていくのが中級レベルですることです。
抽象的なものを誰もがわかる絵で描けることができるようになれば、中級はクリアです。


Graphic Facilitation 上級

文章を絵にする

具体的な単語(初級)、抽象的な単語(中級)をクリアしたあなたが最後に挑戦するのは「文章」です。
今回のワークショップでは、適当に書かれた文章がグループに配られ、それをどうやって絵に表すかを考えるよう言われました。

Global Scrum Gathering® Minneapolis 2018

例えば、上の文章を絵に書いてみる。
文章を自分のストックにあるアイコン(絵)を使って表現できれば、グラフィックファシリテーションをマスターしたと言えます。
と、言われても、ものすごく難しいですよね。ワークショップ中、私は全く絵にはできませんでした(涙)
文章を絵にするのは、かなり時間かかりそうですが、少しずつストックを増やしていくことはできると思いました。
ファシリテーションのスキルを上げたい方は、グラフィックファシリテーションを学びたい方は、まずは自分がファシリテーションをやる会議で、できる範囲で絵を描くようにしてストックを増やすのはどうでしょうか?
ストックを増やすことで、全てグラフィックで描ける日が来るかもしれません。

まずは、恥ずかしがらずに、会議中にホワイトボードに絵を描くことから始めてみましょう!

ワークショップ概要

Color Outside the Lines: Graphic Facilitation 101 (Playing in the Scrum Sandbox)

Summary:
The brain processes images 60,000 times faster than text. Using images helps communicate ideas with clarity, alignment, and engagement. Come to the workshop to learn how, even if you don't regularly draw!

Learning Objectives:
Advance your facilitation skills
Build a visual library of icons to use in coaching or facilitation
Demonstrate easy ways to up your flip chart skills
Learn how to express ideas and solve problems using visual language

Speakers:
Tamsen Mitchell


参考情報 ■ Tamsen Mitchell - Speakers
Principal
Graphic Language
It all started when... Tamsen found her passion in cognitive neuroscience and humor. No, really.
Her company, Graphic Language, grew out of her thirst for knowledge in coaching and humor - and becoming fluent in a universal language. It was founded after years of research into what makes information compelling and memorable. She trained as an architect at the Mackintosh School of Architecture / Glasgow School of Art, and spent the last 20 years in technology - helping people "get stuff created".
Her experience with Activision, Pixar, LinkedIn and Salesforce provides a robust visual and storytelling basis for a range of topics.
She's a frequent conference speaker on storytelling, humor and visualization she now channels this to help her clients get the big picture, using fancy digital medium, or using good old pen and paper.



■ Facebook - Graphic Facilitation Group
Odd-e Globalのメンバーも参加しています!
Facebook - Graphic Facilitation Group

Global Scrum Gathering® Minneapolis 他のレポート Global Scrum Gathering® Minneapolis
オープンスペース(Open Space)を体験してきた
グラフィックファシリテーション(Graphic Facilitation)ワークショップレポート
アジャイル・スクラム(Agile/Scrum)関連:オススメの本・サイト
アジャイルマーケティング(Agile Marketing)

We Promote Improvement

プロジェクト推進のプロが、お客様のプロジェクト推進における課題や、目指すゴールに対して必要な改善・アクションプランを策定・実施支援をいたします。
まずはお問い合わせください。